注意

カッティング・ステッカーを貼る対象物は、表面が滑らかなガラスや金属等が、最も適しています。
樹脂・木材・モルタル面は早期に剥離が予想されますので、お勧め出来ません。

 また、人体に貼ると、かぶれたりすることがありますので、貼らないで下さい。

貼る前に。

 貼付面の汚れ・油分・ワックス等は、必ず拭き取りましょう。ガラス面に使用する水ハジキコーティングも
接着力を弱めてしまう大敵です。

早期の「剥がれ」の一番の原因は、貼付前の養生に掛かっています。

 ガラス面に貼る時の注意点として、小さいサイズのステッカーは、出来るだけ水を使わない方が付きが良いです。
大きなサイズで気泡が心配な時は、真水(まみず)だけを使うようにして下さい。
ガラスフィルムと混同して中性洗剤を入れる人もいますが、気温の低い時期や対象面が冷たい時に この方法で
貼ってしまうとステッカー本体の糊が効き難くなり、失敗の原因になります。

 作業は、すべてご自分の責任で行なって下さい。

 

● 準備するもの。

1. 位置を決める。 

 アプリケーションフィルムは透明と和紙の2タイプがありますが、どちらの場合も貼り方の
基本は同じです。ここでは透明タイプを使いました。
貼る位置が決まったら、マスキングテープ等で固定します。
この時、テープがステッカー本体に掛からない様にして下さい。

 

 

2. さあ、本番です。

 「1」で貼ったマスキングテープが剥がれないように注意しながら片手でつまんでリケイ紙を
写真の様に途中まで剥がします。
(このとき、ステッカーが対象面にくっつかない様に注意して下さい)

 

 

3. スキージ(へら)を使って。

 片手でつまみながら、もう一方の手に持ったスキージで矢印の方向に押し切ります。
ステッカーに気泡が入らないように空気を外に追い出す事を意識して、少し強めに。

 

 

4. まだまだ気を抜かないで。

 完全に貼り終える前に片手を離して対象面にステッカーがついてしまうと、気泡が入って、
見栄えの悪い仕上がりになってしまします。集中して圧着しましょう。
「3」と「4」を繰り返して、最後まで貼り切ります。

 

 

5. アプリケーションフィルム(AP)を剥がす。

 最後まで押し切ったら、APの端をつまんで剥がします。
この時APは手前に引っ張らず、対象面と平行にスライドさせながらゆっくりと剥がしましょう。
特に、ステッカー本体のパーツが小さかったり細かい部分がある場合は、一緒に剥がれない
ように十分注意して下さい。

 

 

6. 完成です。

 すぐに強く拭かないで下さい。外気温が常温(20℃位)のとき、糊が定着するまでには
24時間程度となっています。(素材メーカー推奨)